鼻の整形の効果

鼻を整形する方法とは

顔の手入れ

鼻整形を行なう長所は、劣等感のある低い鼻をより高くできる点。鼻が低めだと何と言っても顔面が平らに見えてしまいますし、年下に見られてしまいます。しかし、鼻整形をして高くしておきさえすれば、顔面も良くすることができます。一層顔がシャープに、知的な外見になれます。顔面がまとまり、魅力がある表情にもなります。鼻整形にはいくつかの手術のメソッドがあります。まずはプロテーゼのアプローチです。プロテーゼとは人の軟骨の構造に近い人為的な軟骨で、自由自在に形をチェンジすることができます。このセーフティーな物を使って鼻を高くしたり、鼻筋を明瞭に通したりしてしまうわけです。 プロテーゼのいいところとして プロテーゼは人為的な軟骨ですから、ひとたび埋め込めば長期的に整形した鼻の形態をキープできます。さらに鼻の内からオペをしますので、手術の跡が推察できる不安がないのです。更にもしも承認ができなかった場合も思っている以上に難なく取り上げることができます。ふさわしいプロテーゼを活用することによって、大変ナチュラルな出来上がりが見込めます。

ヒアルロン酸の注入とは

もう一つの鼻整形の施術法はヒアルロン酸注入法と言います。ヒアルロン酸は元来人間の身体の中に存在している物質なので、注いだとしてもアレルギーであったり副作用などの可能性が見受けられません。 ヒアルロン酸の注入のプラスの面として、 ヒアルロン酸の注入法の素晴らしいところはやはりトータルコストが安いことがあげられます。投入されたヒアルロン酸はしみ込むように身体の中に吸収されていき、半年以内で注入の前の状況に立ち返ります。そういうわけで根本的な美容整形を行なっていただく前のサンプルとして、手間を掛けることなく開始することが可能なのです。言うまでも無く施術後の痕はほとんどのケースで残りませんし、施術後間髪をいれずお出掛けが可能になります。 ヒアルロン酸の注入法のマイナス面として、 これに対してヒアルロン酸の注入は手間が掛からないだけあって、顕著に鼻を高めるようにするにはマッチしていません。鼻筋を通すぐらいの成果は見受けられますが、鼻を高めるようにするならプロテーゼのが有利になってしまいます。それに加えてヒアルロン酸注入においては、鼻筋をキープするために一定期間ごとの注入が必須条件となります。