鼻の美容整形

理想の鼻になるためには

女性

鼻が低いというコンプレックスを解消するために、美容外科クリニックへ行って鼻整形を受ける人がたくさんいます。鼻整形を希望している人は、ただ単純に鼻を少し高くしてもらうことだけを望んでいるケースが多いです。しかし、全体的なバランスを考慮した鼻整形を受けるようにしないと、逆効果になってしまう可能性があります。ちなみに、全体的なバランスというのは、鼻自体の全体バランスと、顔全体における鼻のバランスの両方を指しています。そもそも鼻というパーツは、本人が意識するほど、周囲の人の注意を引かないパーツです。人間の顔を見た場合、真っ先に視線が行くのは相手の目です。その次くらいに視線が行くのは口元である場合が多いです。「忘れ鼻」という言葉があるくらい、鼻は印象に残りにくいパーツだということを覚えておくとよいです。つまり、全体バランスを無視した鼻整形を行ってしまうと、バイプレーヤーであるはずの鼻が自己主張を始めてしまうようになります。顔全体の調和を崩してしまっては意味がありませんので、医師とよく相談をして、トータル的な鼻整形を心がけることが重要です。

注入系治療

一昔前まで、鼻を高くする場合には、鼻梁に人工骨を挿入する鼻整形手術を行うのが当たり前のことになっていました。この方法であれば、人工骨のサイズ通りの高さにすることができますので、満足できる確率が高くなります。また、鼻整形手術の実績を豊富に有している医師に執刀してもらえば、とても自然な印象に仕上げてもらうことができます。ただし、経験不足の医師が執刀すると、鼻筋が通りすぎてかえって不自然に見えてしまう可能性があります。おまけに、顔に人工物を埋め込むことになりますので、先々のことを考えると不安だという人が少なくありません。そのため、最近では人工骨を挿入するのではなく、ヒアルロン酸注入による鼻整形手術を受ける人が増えてきました。ヒアルロン酸注入による隆鼻効果に永続性はありませんが、万が一不満が残る仕上がりになってしまった場合でも、時間が経てば自然に元の状態に戻れるという安心感があります。また、当然のことながら、顔に傷が残ってしまう心配もありません。ゆえに、今後はヒアルロン酸を利用したソフト鼻整形を希望する人が増えるのではないかと予想されています。